公務員として働く助産師

公務員助産師は、高収入且つ生活の安定も得られ大変魅力的です。もちろん収入という面だけでなく、その業務内容にも大きなやりがいがあります。しかし、公務員助産師の求人は年齢に限りがある上に採用時期が定まっていません。

また、求人自体大変少ないので、就職は狭き門となります。就職が困難である事は確かですが、その苦労に見合ったメリットがある事も確かです。公務員助産師を目指すかたは、是非夢を叶えて下さい。

では、公務員の助産師さんは具体的にどういった仕事をしているのでしょうか?公務員助産師として、まずは公立病院への就職がイメージされると思います。これは他の助産師さんと同じように、お産の現場で勤める事になるのですが、公務員助産師には行政機関にある児童家庭課や児童課が助産師を募る事もあるのです。

この場合、活躍の場は病院などの医療機関ではありません。赤ちゃんが誕生したお宅へ直接訪問し、育児に関するケアやアドバイスを行ったり、赤ちゃんの身体測定をしたりと、地域のお母さんと赤ちゃんを支えるのがその仕事内容になります。

育児に関するケアとは、例えば赤ちゃんの排泄についてや、ほ乳について、または成長についてなど、それぞれのお母さん方が抱える不安や疑問を受け、解決に向けてアドバイスや指導を行う事を指します。

病院で働く助産師さんと違い、“その地域にいる母子”と対象は大変広範囲ですので、出会う親子も多く、そのぶん責任も大きくなります。ですが、やはり公務員助産師の求人はなかなか出る事はありません。

また、公立病院で助産師さんとして働く公務員助産師も最近では求人数が減ってしまい、ますます公務員助産師への就職は困難になっています。これは公立病院の独立行政法人化が原因となっているようですね。

医療系に特化したタイプの求人サイトでも公務員助産師の求人を得る事が可能ですので、公務員助産師を目指す方はこまめな求人チェックなどを行い少ないチャンスを逃さないようにして下さい。

ページの先頭へ